暇人の暇人の為の暇つぶしな小説

暇つぶしにもならない小説かもしれませんが見てくれるとうれしいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第三章

「なんで3人だけ?」
と、中条は少し強張った表情で俺達を見つめていた。
そんな顏されてもねぇ…俺達はなんもやってねーし何が起こっているのかは俺らのほうが知りたいもんだ。
疑われてるように思ったのか――いや、多分疑ってると思うが。何を疑ってるのかは知らん。――三谷が多少怒ったように「しらねーよ」といった。
小田は冷静を保ち「中条さん。このクラスに来る途中で誰かに会わなかったかい?」と聞いた。
「いいえ、会わなかったわよ。そういえば今日は貴方達と両親以外に誰ともあってないわねー…。」
「学校に来る途中も?」
「車で送ってもらったわ。外なんてそんなに見てないから分かんない。」
小田は少し気掛かりだったのか、「地震が起きた時どこに?」と聞いた。
俺も少し気に掛けていた。あの不思議な地震が起こった後からだったからだ。この不思議現象が起こったのは。
中条はなにか困ったような表情になり、
「あの地震?えーっと…あそこよ。ほら、あのー、だから……」
なぜもごもごしているんだ?まさかあそこではないだろうな。貴方もあそこにいたのですか?だとしたら何たる偶然だろう。
小田は「え?どこです?」と、何も考えずにパッチリと見開いた瞳で彼女の乙女心を一切も感じずに問い詰めて、
「トイレよっ!」
と言わせた。
表情が強張っていたのは疑っていたわけではなさそうだ、あはは、貴方も大変だったのですね。俺には分かりますよ十分。
「あれ、たっつんと三谷も地震の時はトイレに居たんだよね?」
あぁ、大変だったんだぞ。
「何か関係があるのかな、とりあえずここで協議してても仕様が無いね。学校内に誰かいないか探しに行こう。」と小田。
「めんどくさい事になったなぁ」と三谷。
「何?何?」と中条。
まったく、全員揃って屋上で寝てましたとかゴメンだぜ?




そんな俺の期待も虚しく屋上は愚か、学校内には人っ子一人いなかった。
なんなんだまったく、学校にいる全員がグルになって俺達を嵌めようとしてんのか?だとしたらこいつらもグルかもな。うん、その可能性は十分に――
「なーに変な顏してんだよっ!」
俺の推理をもみ消すように「お前まで疑ってんのか?まさか、お前。まさかなぁ?俺だって最初はお前らをチラと疑ったさっ、けど良く考えろよ!お前と俺は顏を見合わせれば心のうちのうちまで読み通せるまでの仲じゃあないか」
初耳だ。そんなけったいな仲になっていたのか俺達は。俺はお前の毎日毎日代わり映えする表情から心のうちなど読めるわけもなく、読みたくもないね。
「なんで誰もいないの……」
中条は少し震えたような声で言った。
一体全体何がどうなっているんだ、これは誰の悪戯だ。中条をこんなにも悲痛な表情にしやがって。もし「ドッキリでしたー」とか言って出てきやがったら貯めに貯まったこの憤怒を気が済むまでぶつけてやる。
「むー……」と、小田はひたすら悩んでいた。
小田に分からんことが俺に分かるわけも無く、考えるだけ無駄なことはそのとうり無駄に過ぎないので、俺はドッキリと書かれたプラカードとカメラを持った奴等が現れたときの対応を考えていた―――


ら、グラッと地面が左右に揺れた。
「うわっ」
「キャー」
「わっ!」
「うぐっ」
4人が一斉に悲鳴を上げた、この感覚は覚えがあるぞ。
屋上が崩れた。
うわっ落ちる――――



俺は思い切り目を瞑った。




『コラ!起きなさい!』
うるさいなぁ、屋上から落ちたんだぞ。大怪我してるんじゃないか?致命傷じゃ済まないぜ、意識不明になったんだろうか。長い間寝ていたような感じがする……。そんな怪我人の患者相手に起きなさいとは何事だぁ。もうすこし丁寧に扱ってくれよ。あんたの声は容体に響くぜ。
『何ゴチャゴチャ言っているの!今は授業中よ』
だから、容体に響くってんだろうが。なーにが授業中だぁ。学校には誰も居なかったんだぜ?ふざけるのも大概に――
ポカッと頭部に痛みを感じた。病人を叩いた罪を償わせようかと握りこぶしを作って重たい瞼を持ち上げた。
「…ぁっ?」
そこには教科書を丸めて俺を睨み散らす担任の姿があった。
「え?あれ、なんで?」
クエスチョンマークが俺の頭の中を流れた。なんであんたがいる。ってか、ここ……教室だ。
俺は周りを見渡す。クスクスと笑い声が聞こえる。生徒達は全員席に座っており、三谷や小田はもう声も出ないくらいに大爆笑していた。
他のやつらはともかくなぜお前らが笑っとるんだ。コンチクショ。
そして俺はとっさに隣を見た。中条は恥ずかしそうに顏を赤めて微笑していた。
おいおい、まさか……夢落ち?嘘だろ。
時計からして、5時限目の終了であろうチャイムが鳴った。

スポンサーサイト

PageTop

第二章

入学式の翌日、俺はまた今日から始まるであろう授業地獄のことを考えながら、昨日とは随分違う重たーい足取りで登校していると
「よ、たっつん!」
背後からの呼びかけに振り向くと小学校時代からの友人三谷がいた
あぁ、そういえば俺の自己紹介がまだだったな。俺の名前は飛田達也だ。
「たっつん」ってのは小学んときにこの三谷に付けられたあだ名だ。たまに「たっつ」とか、最近では「たん」とまで呼ばれるようになっている。
どんなニックネームで呼んでくれても構わないが、このまま行くと消滅してしまいそうで不安だ。
「あーあ、お前ついてるよなー」
何が?
「とぼけんなよ、中条のお隣さん」
その発言で俺の一寸先は闇だった心に生気が蘇った
そうだそうだ、授業は確かに地獄だが?俺の隣にはwonderfulbeautyがいるではないか
解けない問題があったときは共同して答えを見出し、知らないうちに気持ちが一つとなり、いつの間にか付き合っているというケースは良くあることだ
問題も解け、お近づきにもなれる。一石二鳥とはまさにこのことだ
俺は少しニヤケタ表情になっていたのか鼻を刺すように
「フン、まぁ来週までのことだけどな」
と、三谷が言った
「なんでだよ」
「ったく、お前少しは担任の話に耳を傾けるくらいできんのか?今週は委員とか代表を決めて。来週の月曜には席替えだよ」
そうなのか。しかし、三谷が聞いていて俺が聞いていないとはちと不覚だぜっ。
だが確かに、1週間で彼女の心をわしづかみすることなど、25時間テレビ放送を同じ番組が1週間に3回行うくらい無謀なことだ
深く溜息を付く俺を、哀れんでいるのか、貶しているのか分からないような顔つきで「そんな気ぃ落とすなってっ!」と、慰める素振りもないような口調で三谷は言った。
無論、無謀なのは承知の上さ、だが、少しくらい夢見たっていいだろう?
再び俺は溜息を付き、まるで標高1500mの山道を登る60代のおっさんのような重たーい足取りで学校へ向かった。

本鈴5分前に教室に入った俺はすぐさま席に目をやり、隣がまだ来ていないことを確認した
『今日は休みかな?』
ここまでは俺がいつも思っている「平凡」な日常だった。
あぁ、ここまでは…な。

1時限目、2時限目、3時限目と授業中会話できるやつがいないという、孤独としか言いようが無いこの永遠にも感じる地獄を
よーやっと切り抜けて今は昼休みだ。
俺は三谷と小田というもう一人の小学からの友人と飯を食っていた。
「はぁ、たっつよぉ。お前はつくづく可愛そうなやつだなぁ。いくら隣が可愛くてもよぉ。来ないと意味ないもんなぁ」
同情するならその哀れんでるか、貶してんのか分からん表情をやめろ。
「たっつ、三谷。飯食ったら図書室いかない?」
と、小田。まぁ暇だしいいか。
「俺は遠慮しとくぜ、調べておきたいことがある!」
調べたいことがあるなら図書室でいいだろうが、と突っ込みを入れようか迷っていると。
三谷が異様ににやけていた。
「……女子調べか。」
と俺が溜息交じりの小声で言うと、
「なんかいったか?」
言ったよ。しかしここは「いいや」と言っておこう。こいつを図書室に連れて行ったら迷惑を通り越して、邪魔だ。

高校の図書室は中学には無いような分厚い本がズラっと並んでいた。
こんな見た感じだけで「ここはつまらん」と感じてしまう所はそうそうないだろうと思えるほどだ。
唖然としている俺を他所に小田はずっと探していた本がやっと見つかったような笑顔を見せ、分厚い本の中でも一回り分厚い本を近くの椅子腰掛けて読み始めた。

付いていけん。
と、こっそり図書室を抜け出そうと思った時だった。
「うっ…!」
いてて。腹いて。
腹部に強烈な痛みを感じた。
「と、トイレ!」
小田に聞こえる範囲内の声をまるで雑巾の最後の一滴を振り絞るように言い、俺は走り出した!
走っている途中で三谷と会った。
「おい…どうしたっそんなに焦ってっ…!」
いや、お前のほうが焦ってるよ。
「やばぃ…出る」
お前もか、その気持ちは痛いほど分かるよ。
俺の横に三谷が並び、はたから見れば「病気だ」と思うほどの蟹股走りで2人してトイレを目指した。
誰だって経験したことはあるだろう?このキツさをさっ。
やっと便器に座った俺と三谷は…頑張っていた。



そのときだった。


「うわ!?」
「地震?」
だいぶ強く揺れていた。
おいおい、まだ途中なんだよ。もうすこし静かに揺れてくれ。
そう思ったのもつかの間。その地震はたった数秒で終わった。
「なんだったんだ?」
知るか。しかし本当に一瞬の地震だった。

俺と三谷は驚きのせいか、腹の痛みなど忘れてトイレを出た。
俺達は図書室へ小田を迎えに行った。
「なんかすごい地震あったけど大丈夫だった?」
「ああ」
俺達はさっきの地震を不思議に思いつつ教室へ戻った。





教室には誰もいなかった。
「あれ?」
「予鈴2分前だぞ?」
「なんだなんだ?」
予鈴が鳴り響く。
誰も教室に戻ってこなかった。
「皆して早退か?それとも今日は4時限で終わりだったか?」
「違うよ、今日の5,6時限目に委員やら決めるって言ってたじゃない」
「そうだよな。じゃあなんでだ?」
「知らないよ……」
本鈴が鳴り響いた。
教師も来ない。なんだ?一体どうなってる。
と、そこへ
ガラッ!と扉が開かれた。
「うわっ」
三谷が恥かしいくらいでかい声で叫んだ。
そこに立っていた姿を見て、
「あーびっくりしたー」
と、小田が安堵の息を付いた
そこに立っていたのは中条幸奈だった。

PageTop

第一章

俺は公立高校の○○高校へ入学した
入学式での小学校、中学校も変わらない校長の長々とした話は
瞼に2kの錘をかけるが如く、俺に睡魔という地獄を与えてきやがった。
校長の頭部は輝かしくつるっぱげていて、校長になるための原則に定められているかのように
小、中学校と同様につるつるだ
多少髪があるのは良いとしても、さすがにロンゲの校長は俺も気が引けるのでまぁ別に気にしない
俺が今一番気にかけているのは、クラスで隣に座るであろう女子のことだ…
小、中学校では気にかけてなどいなかったが、俺ももう高校生だ。多少は気にかけても可笑しくない年頃だろ?
とはいったものの、小、中学校でほとんど気にかけていなかったわけでもなく、可愛い女子がいたらチラチラと見てしまうような
積極的に異性には声を掛けず、たまに班活動などで話したりする程度だ
どうせ高校へいけば別れてしまうだろう女子とは付き合う気にもなれず、付き合えるという補償もないのだから
俺は自分から告白するなどという大胆な行動は慎んできた
なんたって俺の周りには振られる振られないなんてものともしない猛者男共ばかりで
成功率は10人に3人ってところか、なんというか小、中学校の女子は俺の考えと同様に、あまり異性に興味がない奴らが多かったようだ
こんな微妙な確率に俺が賭けるわけもなく、成功者は成功者で、1週間もすれば破局してたらしい


―――なんてことを考えている間に入学式は終わりを告げた。
さてさて、念願のファーストサイドレディーとのご対面だ。
しかし隣とはいえ、中学とは違い席は多少離れていたのだが……。
俺は顏は真正面を向きつつ、瞳だけを右に寄せるだけ寄せて多少お隣の姿を見える程までなんとか寄せた
髪は少し茶色染みた黒のショートで、顏はというともうすぐ来るであろう担任を待つかのようにクラスの右にある廊下側の扉を見つめたまま動こうとしない
『そっち向いてるなら、わざわざこんなに頑張った意味ないではないか…』っと
なぜか勝手に彼女に怒っている俺なのだが
一体高校生活初日からなにをやっているんだ俺、と思いたくなるほどの幸先の悪いスタートになったって感じだ

と、そこへガラッっと勢い良く扉を開けて「おはよう!」と意味もなくニコニコした表情で担任が入ってきた
その担任は自分の自己紹介を淡々と進め、生徒に自己紹介を頼んだ
緊張が迸る瞬間だ、俺は中学、2年から3年に進級するときのクラス替えはなく、
自己紹介後の達成感は人生で10指にははいるであろう大きな喜びになっていたようにおもえるのは、俺だけか?
かくして、俺はその10指にはいるであろう喜びを得、達成感に浸っている間に隣の自己紹介になった
彼女は中条幸奈といい、顏は悪くはなくむしろ良いほうだ
俺は彼女に釘付けになっている男共を見て、この連中の中でより彼女に近い人間になれたような気分になり、幸先悪く思えたこの一日は案外happydayになりつつあった
なんだか変な妄想をする俺をよそに全員の自己紹介が終わった

毎回のとこながら彼女を除いて他のやつらの名前など1文字も覚えていない……。
覚えているとしたら同じ中学から来た男子2人くらいのようなものだ
大体、たった1回の自己紹介で三十何人もの生徒の名前を覚えろというほうがどうかしてるぜ
授業の中で少しづつ覚えていくだろうさ、こういうのは慣れだ、慣れ。
まぁ、そんなこんなをしている間に高校生活栄えある一日目は終了した。
俺は明日もこんな平凡な日常がまた訪れるのだと思っていた…

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。